消費者金融の比較をする際の参考例

 

早い融資の即日キャッシングなら消費者金融

現在、様々な理由から借金や融資を消費者金融や銀行から行っている人が数多く存在しています。その場合、消費者は様々な観点から借り入れを行う消費者金融を比較して選択する必要があります。一般的には比較として用いる尺度例として最高融資額と実質年率というものがあります。

 

最高融資額はその名の通りその消費者金融が最大で貸出をしてくれるお金の額の限度を表しています。従って、最大限度額が多ければ多いほど借りることができる金額も大きくなると言えます。選んだ金融会社によってまちまちですが、大抵の会社では最高融資額として500万円を設定しているところが多いです。

 

次に実質年率ですが、これは簡単に言うと年利(年間に支払う利息の割合: 金利)を表したものです。一般的な年利は利息の計算である元金に金利と借入期間を掛けた式から計算できるのですが、実質年率では借入残高に年利と借入期間を掛けたものから計算をします。

 

これは、実際の金利を考慮した式になっています。分割返済の場合を考えますと、実際には毎回の返済によって元金の額が減少しているので、単純に元金を使って年利を計算するとおかしなことになります。それを防ぐために実質年率を用いています。

 

これらを考慮して必要な消費者金融を比較して、自分にあったものを選ぶことが重要です。

消費者金融

 

個人向けに主に小口の融資をするのが消費者金融

個人への小口融資を行うことを消費者金融と呼び、さらに個人に対して無担保で融資を行う業態そのものをそう呼ぶこともあります。これは預かり金や金利等に関する法律である出資法に基づいた範囲内の金利で貸し付けるのが原則で、それ以上の金利で貸し付けることは違法とされています。

 

これらの業務を行う貸金業者は貸金業法に基づいて、二つ以上の都道府県の区域内に営業拠点を設ける場合は内閣総理大臣の登録を、また、一つの都道府県の区域内だけに営業拠点を設ける場合は都道府県知事の登録を、それぞれ受けることが必要です。

 

バブル経済崩壊以降、経済的な問題を抱える世帯の増加や、自動契約機の導入、さらにはテレビ広告に関する規制の緩和などにより、消費者金融業者に対する世間の見方も変わり、旧来のイメージ払拭に成功しました。

 

近年では貸付や取り立てに関する事例が社会問題化していることもあり、消費者金融業者側が個人信用情報機関を利用した情報交流を行うことで与信の厳格化をはかり、多重債務者の発生を未然に防止するなどの対策が実施されています。

 

さらに、消費者金融業者の中には銀行と提携し、個人向け銀行ローンの保証業務を行ったり、メガバンクの資本参加を受けるなど、前近代的な経営を脱却する動きも加速してきています。

大手消費者金融のプロミスについて知っておく

有名消費者金融のキャッシングサービスのプロミスであれば、審査時間は最短30分回答で急な出費にも対応出来ると人気です。