消費者金融の比較をする際の参考例

 

早い融資の即日キャッシングなら消費者金融

現在、様々な理由から借金や融資を消費者金融や銀行から行っている人が数多く存在しています。その場合、消費者は様々な観点から借り入れを行う消費者金融を比較して選択する必要があります。一般的には比較として用いる尺度例として最高融資額と実質年率というものがあります。

 

最高融資額はその名の通りその消費者金融が最大で貸出をしてくれるお金の額の限度を表しています。従って、最大限度額が多ければ多いほど借りることができる金額も大きくなると言えます。選んだ金融会社によってまちまちですが、大抵の会社では最高融資額として500万円を設定しているところが多いです。

 

次に実質年率ですが、これは簡単に言うと年利(年間に支払う利息の割合: 金利)を表したものです。一般的な年利は利息の計算である元金に金利と借入期間を掛けた式から計算できるのですが、実質年率では借入残高に年利と借入期間を掛けたものから計算をします。

 

これは、実際の金利を考慮した式になっています。分割返済の場合を考えますと、実際には毎回の返済によって元金の額が減少しているので、単純に元金を使って年利を計算するとおかしなことになります。それを防ぐために実質年率を用いています。

 

これらを考慮して必要な消費者金融を比較して、自分にあったものを選ぶことが重要です。

 

個人向けに主に小口の融資をするのが消費者金融

個人への小口融資を行うことを消費者金融と呼び、さらに個人に対して無担保で融資を行う業態そのものをそう呼ぶこともあります。これは預かり金や金利等に関する法律である出資法に基づいた範囲内の金利で貸し付けるのが原則で、それ以上の金利で貸し付けることは違法とされています。

 

これらの業務を行う貸金業者は貸金業法に基づいて、二つ以上の都道府県の区域内に営業拠点を設ける場合は内閣総理大臣の登録を、また、一つの都道府県の区域内だけに営業拠点を設ける場合は都道府県知事の登録を、それぞれ受けることが必要です。

 

バブル経済崩壊以降、経済的な問題を抱える世帯の増加や、自動契約機の導入、さらにはテレビ広告に関する規制の緩和などにより、消費者金融業者に対する世間の見方も変わり、旧来のイメージ払拭に成功しました。

 

近年では貸付や取り立てに関する事例が社会問題化していることもあり、消費者金融業者側が個人信用情報機関を利用した情報交流を行うことで与信の厳格化をはかり、多重債務者の発生を未然に防止するなどの対策が実施されています。

 

さらに、消費者金融業者の中には銀行と提携し、個人向け銀行ローンの保証業務を行ったり、メガバンクの資本参加を受けるなど、前近代的な経営を脱却する動きも加速してきています。

 

インターネットのキャッシングでプライバシー保護

キャッシングを利用する際に、わざわざ窓口に行って申し込んだり、周りの人に知られるのが恥ずかしいと思われる方も多いのではないでしょうか。実は恥ずかしいという方でも、誰にも知られることなく安心して融資が受けられるキャッシング方法があることをご存知でしたか?

 

今皆さんが気になる消費者金融会社などのWebサイトを、是非ご覧になってみて下さい。最近ではほとんどの大手消費者金融会社で、インターネットからの申し込みが可能になっています。しかもインターネットから申し込みをすることで、より短い時間で審査が下ります。

 

各会社で定められた時間内に審査が下りれば、即日で借り入れが可能となっているのも魅力です。わざわざ店頭やATMへ行く必要がなく、すべてインターネットで行うことができるのが大きなメリットですね。Web上ですべての手続きを完結できるという消費者金融会社も誕生しているので、是非プライバシーを守りたいという方は積極的に利用してみると良いでしょう。

 

最近ではパソコンだけでなく、スマホの利用者も増えていますから、外出先でも簡単に申し込みができます。つまり、仕事で忙しいという方でも、スマホを利用すれば即日に借り入れすることが可能となり、大変利便性の高い融資の受け方と言えます。

 
2014/11/01 11:21:01 |
借金返済が難しくなってしまい、藁にも縋る思いでおまとめローンに申し込みをして落とされると、お先真っ暗な気持ちになってしまうと思います。実際に1つの金融機関でおまとめローンに申し込みをして審査に落とされてしまい、大きなショックを受けてしまい返済することを諦めてしまう人も少なくないのです。しかし、それは間違った判断です。なぜなら、もともとおまとめローンの審査は厳しくハードルが高く設定されているので、落とされても、ある意味で当然のことなのです。だから落とされてもショックを受ける必要はないのです。キャッシングやクレジットカードの審査のような気持ちで、おまとめローンに申し込んでしまうから、落とされた時の...
2014/11/01 11:21:01 |
生活費が足りなくてカードローンを利用したのに、返済が負担で生活に影響するようでは意味がありません。お金を借りるときは、生活に支障が出ない範囲で返済していけることが大切なのです。借り入れ直後に返済が厳しくなることは通常なく、ほとんどのケースでは追加で何度も融資を受けることが原因で、返済が厳しくなっていくものです。これは計画的に利用していれば回避できる問題なので、借りるたびに返済計画を立て直す必要があるでしょう。追加融資を受ける方の心理は、今よりも少しくらい月の負担が増えても、まだ大丈夫と考えているのです。しかし、ギリギリの返済計画を立ててしまうと、出費が重なったときに困ることになります。万が一を...
2014/11/01 11:21:01 |
休日・休暇に入ると、デパートやショッピングセンターを見て回り、買い物することでストレス発散をしている女性は多くいます。しかしバーゲン時にもなると、つい買い過ぎてしまうものなので、途中でお金が足りなくなるのも珍しいことではありません。買わずに我慢して帰るか、無理してでも買うかは悩むところですが、あとで悔やむのは嫌だと思うなら、カードローンを利用するようにしましょう。昨今は低金利のサービスを行っている会社が増えてきたので、昔は銀行しか利用しなかったという人が、消費者金融を利用するようになったというケースが増えています。これは消費者金融の方が、スピード審査や即日融資が出来るからなのですが、そのうえ低...
2014/11/01 11:17:01 |
申し込んでから素早く利用開始をできることができる所を見つけることが、キャッシング会社選びの一つの条件となると言え、その点モビットでしたら業界でもスピーディーな対応を取ってくれるということで人気の消費者金融になっています。もちろんモビットを利用する利点としては迅速な対応だけではなく、普通だとちょっと面倒臭い全ての手続きを全てネット上だけで終わらせてしまうということが出来ます。いわゆるweb完結と呼ばれているサービスとなり、手間取ってしまう手続き作業が簡単になってしまうというだけではありません。勤務先にかかってくる在籍確認電話をweb完結なら省くことできる事ができて、メールでそれを済ませることがで...
2014/11/01 11:17:01 |
欲しいものがあったり受けたいサービスがあったりした時に、手元にお金がなくて困ったという経験を持つ人は多いことでしょう。近くにお金を借りられる友人や知人がいればいいのですが、なかなか難しいのが現実です。また、いたとしてもお金の話を切り出すことは勇気が要ることであり言いにくいものです。そんな時に役に立つのが消費者金融です。中でも消費者金融大手のプロミスは定評があるキャッシングサービスです。プロミスでお金を借りたいと思った時にまず、審査を受けて借り入れ上限額を設定します。上限額以内なら、一番早くて申し込んだその日に借りることが出来ます。ATMで簡単にお金を手にすることができたり、申し込みから借り入れ...